本文へスキップ

株式会社 A&T研究所は「免震・制震」設計を専門とする構造設計事務所です。

TEL. 0285-32-6261

〒323-0811 栃木県小山市犬塚1-8-11

ベンチャー事業VENTURES

高速振動台(DDS-1,2,3,6)

高速大変形振動台        模式図              6次元振動台模式

ACサーボモータとボールねじユニットによる駆動で、水平高速2次元振動台を始めとする多軸振動台を提供しております。大学・専門学校・研究機関等で活躍しております。 (写真:東京工業大学、2次元3500mm×3000mm)

マルチ機能試験機(MFMMulti Function Machine)

電動式MFM          アーム式MFM      プーリ−式MFM

ACサーボモータまたはプーリー機構とボールねじユニットを用いて、微小変形制御装置や小錘で大荷重(200倍以上可)を発生させ、引張り・圧縮の両載荷を行うマルチ機能試験が実現できます。圧縮・引張りクリープ試験機、疲労試験機など高機能試験機を安価に提供しております。(写真ED-MFM:宇都宮大学)
MFM(クリープ試験)の仕様例
 型 番  最大荷重 F(kN)  プーリ半径R(mm)  必要錘 P(kN)  増幅率
 MFM-50  50  300  0.31  161
 MFM100-750  100〜750  350〜600  0.54〜3.9  185〜200
 MFM-1000  1000  650  6.0  167

高速電動アクチュエーター(EDA:Electric Drive Actuator)

  EDAの外観構           EDAの動き

ACサーボモータからの回転運動をボールねじユニットと直動システムを用いて直線運動に変換したものです。大容量、大変形、高速度のアクチュエータが実現できます。油圧設備も必要なく、清潔な作業環境を提供いたします。
高速電動ACTの仕様範囲
 規 模  加振力 F(kN)  最大速度 V(cm/s)  ストロ-ク L(cm)
 小   93〜294  150〜100 ±100〜±75
 中   490〜981  80〜60  ±75〜±60
 大   1471〜2451  50〜30    ±50〜±30

免震床・免震展示台

3次元免震装置          減衰装置と自動ロック解放装置  免震床(防災センター)全景

水平方向〜1/15に、鉛直方向〜1/3に。平素はロック(固定)。地震時に解放し 部屋全体または一部を免震化。
                  て減衰装置として効力を発揮します。 災害時こそ厳守の部屋です。 

免震展示台・免震テーブル

博物館や美術館における歴史的に貴重な品々を、特別に災害(地震)から保全する安価な装置も提供できます。

制震補強工法(Damping Reinforcement Units)

DRU制震補強ユニット       パンタ機構           粘性減衰装置:PSA

■高さ・幅が自由に調整できる。 ■幾何学的な増幅機構(パンタユニット) ■増幅機能付き減衰装置(RDT,PSA)による小型化 ■圧縮・引張り両方向に効果発揮 ■その他安価な超塑性ゴムダンパー、鉛ダンパーも提供ができます。

慣性-粘性減衰装置         慣性−粘性減衰装置:iRDT      屋外制震補強の例

RDTを更に発展させた減衰装置が、慣性-粘性ダンパーです。
地震時には、架構の変形方向に抵抗する方向に剛性を付加すると共に、粘性減衰効果を同時に与える装置です。地震応答制御設計における新たな境地の開拓です。

     PSAの減衰ループの例         制震補強による動的な耐震評価指数(DIs)の提案

現状建物の保有する耐力と、制震補強建物の地震応答時の層せん断力との関係が下式を満足すればよい。
      

バナースペース

株式会社 A&T研究所

〒323-0811
栃木県小山市犬塚1-8-11

TEL 0285-32-6261
FAX 0285-32-6260
(or 0285-24-9031)